彼氏からプロポーズされた女性は、彼が結婚相手に相応しいと感じると共に、彼との間に子供を設けることを考えていることでしょう。結婚して夫となった後に、夫の子供を出産して産休期間に入ることをイメージしているのです。今までキャリアアップに取り組んできたため、結婚をするべきかを思案することでしょう。考えた末に、結婚後も子育てが落ち着いたら再びキャリアアップに専念できるはずだと判断するのです。

 産休期間に入って子育てをしている女性は、時々子育てを手伝ってくれる夫を頼り甲斐があると感じていることでしょう。夫が彼氏だったときに、彼を結婚相手として選んだことの正しさを実感しています。出産を機に日常が激変したことを実感していて、刺激に富んだ日常だと感じているのです。子育てを通して有意義な日常が送れていることを認識していて、子供を生きる希望だと捉えています。

 高いキャリアを取得している女性の中には、過去に子育てに専念していたことでしょう。家事と育児を両立させようとする意識の高さが窺えて、それらを両立させることができるくらいに人間スペックが高いと自負しているのです。今も尚、高いキャリアを取得しようとする意識をしていて、自分磨きをすることに余念がありません。向上心の高さが察せられて、自分の進化形を形作っていきたい気持ちで溢れています。努力をすればする程、自分の理想像に近付いていくことを実感できているのでしょう。